定番ギャグ! 広島電鉄のキャッチコピーコンテスト応募作品の中でもインパクトある作品(笑)


※見れない場合用

強烈なインパクト笑

一度見たら忘れません。

覚えやすく笑っちゃうキャッチコピーですね笑

これは2015年1月に広島県在住のコピーライター団体「WAH」が広島電鉄の協力を得て行った『WORD AD HIROSHIMA第1回コンペティション』の応募作品です。

第一回グランプリはこちら。

広島電鉄のキャッチコピーコンテスト応募作品
©コピーライター/吉田 一馬、デザイナー/小早川 大貴、イラストレーター/畠 まゆみ

『「快速」は、ありません。どの街も、好きだから。』

とてもいいキャッチコピー!

ちなみに応募は全70作品、自分は受賞作品の中ではこれが好きでした。

広島電鉄のキャッチコピーコンテスト応募作品
©コピーライター/角田 雅子、デザイナー/大竹 由佳

『乗り遅れてもいい。次がある。』

惜しくも受賞を逃した作品には結構おもしろいものが多かったです。

広島電鉄のキャッチコピーコンテスト応募作品
出典:第1回コンペティション受賞作品|WORD AD HIROSHIMA(WAH〔ワー〕)

広島電鉄のキャッチコピーコンテスト応募作品
出典:第1回コンペティション受賞作品|WORD AD HIROSHIMA(WAH〔ワー〕)

広島電鉄のキャッチコピーコンテスト応募作品
出典:第1回コンペティション受賞作品|WORD AD HIROSHIMA(WAH〔ワー〕)

そういえば、“例の作品”は賞を取れたのか調べてみたところ、どの賞も取れなかったようです。

参考第1回コンペティション受賞作品|WORD AD HIROSHIMA(WAH〔ワー〕)

電鉄のキャッチコピーですからね。

いくらおもしろいとはいっても、さすがに…

ただ、審査員の一人である電通西日本 広島支社の清水清春さんからはお褒めの言葉を頂いたようです。

子どもたちが喜んで言いそうなダジャレですが、ツイッターですぐ拡散したように、インパクトは応募作の中でダントツでした。おかげでWAH審査会が相当広まったし、「話題拡散賞」を差し上げたいところです。

出典:第1回コンペティション受賞作品|WORD AD HIROSHIMA(WAH〔ワー〕)

十分でしょうね笑

地域の人に愛される広島電鉄、これからも住民に足と笑顔を届けてくれることでしょう♪




\ ポチッとシェア /

🤩管理人のおすすめ画像🌞夏おもしろ画像
海やプールで見かけた変わった人やおもしろい光景、猛暑、溶ける色んなもの、水着など、夏に関するおもしろ画像まとめ!

続きを読む

🤩管理人のおすすめ画像🦠コロナ時代おもしろ画像
新型コロナウイルスによる環境変化で起きた自宅待機、在宅勤務、テレワーク、Web会議、猫、子ども、マスクなどのおもしろ画像まとめ!

続きを読む