食べて夢の国へ! セブンイレブンにあったハッピーパウダー250%ハッピーターンの値札(笑)

面白画像 食べて夢の国へ! セブンイレブンにあったハッピーパウダー250%ハッピーターンの値札(笑)misswrite_0032
「ハッピーターン」と「ピーターパン」、なんとなく似てますしね(笑)

食べたらネバーランドに行けるんでしょうか(笑)

さすがハッピパウダー250%(笑)

甘いようなしょっぱいような、不思議な味だけどなぜか美味しい亀田製菓のハッピーターンは、1976年に販売されました。

misswrite_0032_01

当時は、第一次オイルショックの影響で不景気。

「幸福(ハッピー)」が客に「戻ってくる(ターン)」よう願いを込めて、「ハッピーターン」と名付けられたそうです。

ハッピーターンにかかっているのは、「ハッピーパウダー」と呼ばれる調味粉。

misswrite_0032_02

原料は砂糖・塩・アミノ酸・タンパク加水分解物からできているそう。

あの不思議な味ができるまで、多くの試行錯誤があったでしょうね!

ハッピーターンには、百貨店向け商品というのもあり、コンセプトショップ「HAPPY Turn’s(ハッピーターンズ)」という店舗が阪急うめだ本店、横浜高島屋、博多阪急にあります。

misswrite_0032_01
@Press:アットプレスより引用

メープル、木苺、カマンベールチーズなど様々なフレーバーのハッピーターンが用意されているみたいなので、近くに寄ることがあったら買ってみたいですね☆

参考【正直レビュー】高級ハッピーターンを食べてみた / すっぴんが可愛いのに化粧しすぎて「クレオパトラ」みたいになっちゃった人のよう | ロケットニュース24

レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

レクタングル(大)