こうかな? 必死にフラミンゴの真似をするアヒルがかわいい(笑)

View post on imgur.com


こうかな? 必死にフラミンゴの真似をするアヒルがかわいい(笑)
※見れない場合用

「こ、こうかな?」

フラミンゴの真似をして片足で立とうとするアヒル、かわいすぎます笑

これでアヒルもフラミンゴたちに仲間認定されたことでしょう笑

なぜアヒルが片足で立とうとするんでしょう?

これについては、ネットで調べてみましたが信頼性のある情報がなく分かりませんでした。

でも、フラミンゴが片足で立つ理由についてはいくつか出てきたのでご紹介します。

その1「鳥は、足を毛の中に入れたほうが暖かいから」

日本の動物学者、文筆家の今泉忠明さんが監修した学研教育情報資料センター『なぜなに学習相談』にはこう書いてあります。

片足で立っているのが目立つのは、ツルやフラミンゴなど、足が長い鳥です。これらの鳥は、ねむるときも、たいてい、片足で立ってねています。つかれないように、左右の足をかわるがわる変えながら、片足で立っているのです。

これらの鳥の長い足には、毛や羽が生えていません。また、ねる場所は、水辺や、どろぬまです。ですから、片足を縮めて羽毛の中に入れれば、体温がにげ出すのを少し防げます。
また、水中に立っている片方の足のつけ根の所で、足先からもどってきた冷たい血液が温められて体内(心臓)にもどり、かわりに、ここで暖かい血液が冷やされて、足先に送られます。これで、鳥の体内は冷やされずにすみますし、足先にはいつも冷えた血液が流れていて、足にしもやけができたりしないといえます。

出典:なぜなに学習相談

なるほど!

体温を逃がさないためなんですね。

まずこれが一つ目のフラミンゴが片足で立つ理由。

もう一つがこちら。

その2「片足のほうがバランスがいいから」

ジョージア工科大学のヤング・ホイ・チャン、エモリー大学のレナ・ティンが発表した論文によると、重心の「ぶれ」が片足で立っているときが一番少なかったそう。

つまり、フラミンゴにとっては「片足で立つことが自然な姿勢」ということです!

2本足あるのに、片足で立つのが自然って変わってますよね。

参考【新事実】フラミンゴが片足で立つ衝撃的すぎる理由がついに解明される! – edamame.

話をアヒルに戻しますが、アヒルはなんで片足で立とうとするんでしょうね?

フラミンゴの真似?

それともフラミンゴに憧れて?

いつかアヒルが片足で立つ秘密が解明される日がくるといいですね♪